読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウソでしょ?グリーンが格安!マスタード

ピリリとして さわやかな味わいのマスタードグリーンを育ててみようと思いました。購入したのが夏だったのでまだ撒いていません。育て方種は苗床に3〜5cm間隔で点まきし!軽く土をかけ!発芽するまで水を与えます。

下記の商品です!

2017年03月01日 ランキング上位商品↑

マスタード グリーンマスタードグリーン 【郵送対応】

詳しくはこちら b y 楽 天

野菜菜園中心のベランダガーデニングをしています。プランターでもとても簡単にすくすくと育ちました。利用法若葉や開花前の茎・葉は、とてもやわらかく美味で、そのままサラダなどにして食します。適した場所: 日当たりのよい場所。育ちがよく沢山収穫できました。ピリッとして美味です。ピリッとした味でまさにマスタードです!パンに挟んだり!肉料理に添えています。種子はサヤごとに乾燥させ、砕いて利用しますが、辛さが強いので、生葉を少し混ぜると風味が増します。もうすぐ収穫できますが!ライトグリーンの葉は見た目もきれいで!ガーデニングにもいいですよ。発芽後、3〜4cmに生育すれば一度仮植えし、本葉7〜8枚の頃に20〜30cmの間隔で定植します。)開花時期: 4月〜5月頃 利用部分: つぼみ!葉!茎収穫: 葉が大きくなってから順序よく収穫してください。サラダにするとすごくおいしかったです。購入するとわりと高くついてしまうハーブ類!普段の食卓に自分で育てたものを使えるよう大切に育てたいと思います。。楽しみです。ハーブ栽培のため、まとめて購入した商品のうちの1つです。秋が楽しみです。発芽も早かったです。学名: Brassica juncea科目: アブラナ科/1〜2年草原産地: ヨーロッパ和名: カラシナ草丈: 40cm〜50cm発芽適温: 15℃〜25℃播種時期: 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば!いつでも栽培できます。香辛料として有名なマスタード、その種子と縮みがかった葉を利用しますが、共にピリッと辛さがあります。そして、すくすくと育っています。また!生育途中に間引きした小苗は!やわらかく新鮮でサラダ料理に最適です。之からが楽しみです。サラダにすると!とっても美味しいのです。収穫葉は下から順次かき取るように行います。このマスタードグリーンは!辛さをもう少しさわやかにしたタイプで!サラダ料理やからし漬けとして!よく利用されます。かわいらしい芽が出てきました。(^^)このマスタードグリーンの種は、蒔いてから3日ほどしてすぐに芽が出て来ました。何種類か蒔いた種の中で真っ先に芽がでました。値段の割りには種の量がとても少なかったですが!オススメです。